快眠成分

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

快眠に有効な成分一覧

快眠に有効な成分一覧

グリシン

グリシンは必須アミノ酸の一種です。
眠れないあなたに

おすすめ
体内で合成できる成分のため、注目度が低かったのですが、グリシンが睡眠に良いということが分かってから一気に注目を浴びました。
眠る前にサプリメントの形で摂取すると、深い眠りに到達するまでの時間が、約半分になったという実験結果があるということです。
また、寝る前にグリシンを摂取するのとしないのでは、摂取した方が目覚めがスッキリし、質の高い睡眠がとれるという実験結果も。
しかもコラーゲンを生成するアミノ酸でもあり、美肌作用もあるのが嬉しいですね。

トリプトファン

トリプトファンは、必須アミノ酸の一種です。
トリプトファンは脳内ホルモンであるセロトニンやメラトニンの元となります。
セロトニンが減少すると気分が沈んだり、精神のバランスを崩し、不眠をまねく原因になります。
メラトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれ、メラトニンの分泌が増えるにつれて眠くなる作用を持っています。
本来は、朝の日の光を浴びてから14時間〜16時間たつとメラトニンの分泌が増えるようになっています。
セロトニンは、このメラトニンの分泌も促進します。
しかし、トリプトファンが不足しているとセロトニンやメラトニンが不足し、眠れない悩みを引き起こします
したがって、トリプトファンをサプリメントとして飲むことで、気分を落ち着かせ、睡眠ホルモンの分泌を促進することができるのです。

GABA(ギャバ)

ギャバには、気持ちを落ち着かせたり、興奮を抑える「抗ストレス作用」「リラックス作用」があります。
ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらすのです。

ギャバは睡眠時に体内で生成されます。
そのため、睡眠不足の人はギャバが少なくなってしまうのです。
睡眠不足だと、イライラしたり落ち込みやすくなったりするのは、このせいでもあります。

また、ギャバの摂取で、寝つきが良くなり、質の良い深い眠りを保つ効果がある、とする研究があります。
実は以前は、ギャバはいくら口から摂取しても、脳内に達することはないと思われていましたが、最近の研究で食べ物から摂取しても十分に脳に達することが明らかになっています。

テアニン

アミノ酸の一種です。
緑茶のうま味成分で、抹茶や玉露に多く含まれます。
脳をリラックスさせ、興奮を鎮めたり緊張を和らげたりする作用があります。
実際にテアニン200mgを摂取した人たちに「頭がすっきりした」「イライラがおさまった」という効果が証明されています
テアニンの摂取で、不安や興奮を和らげ、快眠に導く効果があります。

ビタミンB12

体内時計の調節を行って、睡眠と覚醒のリズムを正常にする働きがあります。

ビタミンB1

休息不足が続くと元気の源と言われるビタミンB1が欠乏し疲労物質とされる乳酸が体内に溜まりますので、不眠の人は補ってあげる必要があります。

ビタミンB6

トリプトファンとともに脳と休息とのメカニズムに深く関係している神経伝達物質・セロトニンを作ります。

銅が不足すると、眠りにつくまでの時間が長く、よく眠ったと感じる率が低いとする研究があります。

鉄分

鉄が不足すると、夜中に目が覚めることが多く、眠りが浅くなることがあります

関係記事はこちら
■ 眠れない悩みに、おすすめサプリメント
「眠れないあなたにおすすめ」記事一覧
 快眠に有効な成分一覧
 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
 眠れるサプリメントの上手なとり方
 眠れない悩みに、おすすめサプリメント

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.