うつと不眠

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

うつと不眠の関係

の関係
うつと不眠の関係

こんなあなたは、うつ病が関係しているかもしれません

  • 朝起きた時、十分な時間眠ったはずなのに体がだるく、疲れが取れていない感じがする
眠りのいろいろな

悩み
  • 予定の時間より早く目が覚めてそれから眠れず、布団の中で苦しんでしまう
  • 起きなくてはいけない時間なのに、だるくて布団からなかなか出られない
  • 日中気分が落ち込み、以前は楽しかったはずのことも、あまり楽しいと感じられない
  • 食欲がない(もしくは食べ過ぎる)
  • 集中力が無くなった
以上のような自覚症状がある人の眠れない悩みは、うつ病と関係しているかもしれません。

うつ病と不眠は密接な関係にあります

心の病気の中で、もっとも不眠と関係があるのはうつ病によるものです。
うつ病の9割以上の人が、眠れない悩みを持っていると言われます。
(うつの種類によっては、寝すぎるという過眠が現れる人もいます。)

本人は、眠れないことが原因で落ち込んでいると思い込んでいますが、実はうつによる落ち込みだった…ということがあります。

うつによる不眠には、セントジョーンズワートがとってもおすすめ

セントジョーンズワートはオトギリソウという薬草(ハーブの一種)です。
セントジョーンズワートは、軽度〜中程度のうつ病や鬱状態に対しては、医薬品と同程度の効果があり、医薬品よりも副作用が少ないことが実証されているものです。
日本やアメリカではサプリメントの分類ですが、ドイツやオーストラリアでは医薬品として扱われています。
不安やストレスのせいで眠れない、もっとリラックスしたいと感じている人には、特におすすめのサプリメントです。
病院に行く前に、ためしてみてはいかがでしょうか。
詳細はこちら>>セントジョーンズワート

不眠が長期化する人は病院へ

サプリメントを飲んだり、睡眠に工夫をしてみてもなかなか改善が見られないという人は、専門医に相談して治療をしたほうが良いでしょう。
心療内科やメンタルクリニックに行ってみてはいかがでしょうか。

関係記事はこちら
眠れない悩みは、いつ病院に相談する? ■ 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
「眠りのいろいろな悩み」記事一覧
 布団に入ってもなかなか眠れない
 夜中に何度も目が覚めて、その度に眠れない
 予定より早く目が覚めて、それから眠れない
 ぐっすり眠ったような気がしない
 夜寝ているのに、昼間も眠くてたまらない
 うつと不眠の関係
 足がむずむずして眠れない
 足がピクピクしてぐっすり眠れない
 眠っている時に大きないびきをかいている
 金縛りにあいます

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.