足がむずむずして眠れない

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

足がむずむずして眠れない

足がむずむずして眠れない

こんなあなたは、むずむず脚症候群かもしれません

以下のような症状が見られる人は、むずむず脚症候群かもしれません。
眠りのいろいろな

悩み
  • 横になったりじっとしている状態で、足がむずむずするような不快感がある。
  • 足がむずむずして、足を動かしたくてたまらなくなる
  • この症状は、足を動かすと治まったり、軽くなったりする。
  • この症状は、夕方から夜にかけてひどくなる。

むずむず脚症候群とは?

寝ている時などに、足がむずむずするなどの不快感が起こり、睡眠が障害される病気です。
座っている時など、じっとしている時にも起こります。
主に、ふくらはぎやふとももにかけて症状があらわれ、むずむずするという表現以外にも、「虫が這っているような感じ」「皮膚の表面ではなくて、奥の方がかゆい感じ」「ピリピリと電気が流れている感じ」という表現で、不快感を訴える人もいるそうです。

この不快感から、衝動的に脚を動かしたくなります。
動かした結果、一時的に不快感は治まったり、軽くなったりします。
脚を動かすだけでなく、脚をさすったり、たたいたりすることで不快感が軽減される場合もあります。

症状が出やすいのは、夕方から夜にかけて。
このため、なかなか眠れないという悩みにつながります。

むずむず脚症候群は、毎日起こる人もいれば、2〜3日に1回という人もいます。
両足に不快感を感じる人もいれば、どちらか片方だけの人もいます。

むずむず脚症候群の原因は?

ドーパミンという脳の神経伝達物質や、鉄分不足が関係していると言われています。
ドーパミンとは、体の運動調整に関する物質です。
鉄は、ドーパミンをつくるのに欠かせない物質です。
鉄が不足すると、ドーパミンの生成に支障をきたします。
その結果、ドーパミンの量が減り、むずむず脚症候群が起こっているのではないかといわれます。
ですから、鉄が不足しやすい腎不全の人、妊婦さん、鉄欠乏貧血の人によくみられます。

むずむず脚症候群の対策は?

病院で専門医に相談するのが、一番早い解決への道です。
薬物療法によって、8割以上の患者さんの症状は改善されるとのこと。

日常生活では、鉄分を含む食品を積極的に摂るよう心がけましょう。

合併しやすい病気もあるので、こちらもチェック!

むずむず脚症候群の人の50%〜80%の人が周期性四肢運動障害を合併するそうです。
周期性四肢運動障害についてはこちら→ 足がピクピクしてぐっすり眠れない

関係記事はこちら
眠れない悩みは、いつ病院に相談する? ■ 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
「眠りのいろいろな悩み」記事一覧
 布団に入ってもなかなか眠れない
 夜中に何度も目が覚めて、その度に眠れない
 予定より早く目が覚めて、それから眠れない
 ぐっすり眠ったような気がしない
 夜寝ているのに、昼間も眠くてたまらない
 うつと不眠の関係
 足がむずむずして眠れない
 足がピクピクしてぐっすり眠れない
 眠っている時に大きないびきをかいている
 金縛りにあいます

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.