いびき

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 眠っている時に大きな

いびき

をかいている
眠っている時に大きないびきをかいている

こんなあなたは、睡眠時無呼吸症候群かもしれません

  • 眠っている時に、大きないびきをかいていると言われた
眠りのいろいろな

悩み
  • 眠っている時に、呼吸が止まっていることがあると言われた
  • 眠っている時に、何度も目が覚めてしまう
以上のようなことがある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に、無呼吸状態や低呼吸状態が起こってしまう病気です。
無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上続けて止まってしまう状態のことです。
低呼吸状態とは、呼吸が止まっているわけではないけれど、換気量が半分以下に低下した状態が10秒以上続く状態のことです。

睡眠時無呼吸症候群には、以下の診断基準があります。
@睡眠中に、無呼吸状態や低呼吸状態が1時間に5回以上起こり、日中眠くてたまらない自覚症状を伴う
A日中の眠気などの自覚症状は無いけれど、睡眠中に、無呼吸状態や低呼吸状態が1時間に15回以上起こる
これに当てはまると、睡眠時無呼吸症候群です。

呼吸が浅くなったり止まっている時は脳は覚醒していますので、深い眠りは得られません。
浅い眠りを繰り返しているため、睡眠時間は十分に確保できても、「ぐっすり眠った気がしない」「昼間眠くてたまらない」といった症状が現れます。
また、無呼吸状態で苦しくなり、夜中何度も目が覚める人もいます。

どうして息がとまるのでしょうか

眠ると、筋肉はリラックスします。
舌やのどの筋肉もリラックスするため、舌がのどの奥に落ち込みます。
これは、全ての人に起こることです。
しかし、肥満していると、のどの周辺にも脂肪がたくさんつき、空気の通り道がより狭くなります。
ですから、睡眠中空気が通りにくくなりつまってしまいます。
その結果、閉塞した気道を空気が通るときに大きないびきをかいたり、また、空気が少ししか通らなかったり、無呼吸状態に陥ったりします。

どんな人に起こりやすいの?

中高年の、肥満した男性に起こりやすいと言われています。
肥満ではなくても、もともと気道が狭い人、あごが小さい人、あごが後方に引っ込んでいる人、舌がもともと大きい人も、気道が狭くなり、睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言えます。

睡眠時無呼吸症候群の対策は?

病院で専門家の指導のもと、治療をするのがベストでしょう。
また、太っている人は何はともあれ、体重を減らす努力が必要です。

関係記事はこちら
眠れない悩みは、いつ病院に相談する? ■ 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
「眠りのいろいろな悩み」記事一覧
 布団に入ってもなかなか眠れない
 夜中に何度も目が覚めて、その度に眠れない
 予定より早く目が覚めて、それから眠れない
 ぐっすり眠ったような気がしない
 夜寝ているのに、昼間も眠くてたまらない
 うつと不眠の関係
 足がむずむずして眠れない
 足がピクピクしてぐっすり眠れない
 眠っている時に大きないびきをかいている
 金縛りにあいます

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.