お酒とのお付き合い

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

お酒とのお付き合い

お酒とのお付き合い

寝酒効果は最初だけ

眠れないから、ちょっとお酒に頼ってみようという人は、男性には多いのではないでしょうか。
確かに、お酒を飲むと眠くなります。
快適な眠り

のために
しかし、それは初めのうちだけの作用であって、しかも飲酒してから数時間たつと、逆に睡眠を浅くする作用があるのです。
夜中に何度も目が覚めたり、明け方近くに目が覚めてそれから眠れなかったり。
または、朝目覚めてもなんだかスッキリしない、疲労感を感じてしまったりということもみられます。

眠るためのお酒は癖になる

お酒を寝るための手段にしていると、慣れるに従って量を増やさなくては、最初のように眠りの効果は得られなくなっていきます
また、お酒を飲まずに寝ようとすると、寝酒を始める前より、眠れなくなってしまうことが分かっています。

睡眠薬の方が安全です

病院で処方してもらう眠るお薬は癖になるから…と言って、お酒を寝る手段にする人が多いそうです。
現在広く処方される睡眠薬は、安全性が高く安心して使えるお薬です。
寝酒をしないといけないほど眠れない人の場合は、睡眠薬を飲んだ方がよっぽど安全だということですので、病院へ相談してみましょう。

夕食時の適度な晩酌は、ストレス発散やリラックス効果もあり、毎日の楽しみにしている人も多いはず。
その飲酒が、眠る手段になってしまいそうな人も、寝酒には要注意です。

関係記事はこちら
■ 眠れない悩みに、おすすめサプリメント
「快適な眠りのために」記事一覧
 不安やストレスで眠れない夜のヒント
 眠れない夜の心構え
 眠るために横になるのではなく、眠くなってから横になる
 朝の光で眠りのスイッチを入れる
 体温の変化で睡眠は変わる
 お酒とのお付き合い
 寝る前のコーヒーとたばこは安眠の敵
 上手なお昼寝の方法
 冷え性の人のための眠り術
 良い眠りのための、ネットやメール、テレビとのお付き合い
 空腹で眠れないとき

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.