不安やストレスで眠れない

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

不安やストレスで眠れない

夜のヒント
不安やストレスで眠れない夜のヒント

まずは肯定的にとらえてみる

不安やストレスを感じる出来事そのものではなく、あなたが不安やストレスを感じていることを、まずは肯定的に考えてみます。
快適な眠り

のために
人間、不安になるのは自然なことです。
あれこれと思い悩むのはマイナスなイメージですが、慎重で先を見据える力がある、思慮深い、という風にも言えます。
いったん、不安を感じる自分のことを、良い方向でとらえてみましょう。

過去の扉を閉じる

終わったことはもう変えられないといいますよね。
にも関わらず、あれこれ後悔しくよくよしてしまうことはよくあります。
さて、想像してみてください。
過去の時間と今この瞬間の間には、もう絶対に空けることのできない分厚い鉄の頑丈な扉があり、それはすでに「どすん!」という大きな音を立てて閉じられたのです。
もう過去は見ることができないし、変えることもできない。
扉の向こう側は、もう絶対に自分の手の届かないところにあるのです。
仕方が無い、と、良い意味であきらめましょう。
人間は魔法使いでも神様でもないのですから、どうにもならないことはどうにもなりません。

悩みの大部分は想像の産物であることを自覚する

悩みの大部分は想像の産物です。
こうなるかもしれない、あぁなるかもしれないと、あれやこれやと想像してしまうことは、危機を回避したい心が、さまざまなパターンを自分で作り出しているのです。
その過程で、そうなるという判断の根拠もないのに、あえてそうなるだろうと判断をしようとするあまり、悩みが増幅してしまうのです。
まず、自分の未来への悩みが想像の産物でしかないことを自覚しましょう。
そして、眠れない夜に未来のことについて考えても、判断材料はやはり自分の勝手な予測しか集められないことを知り、判断を下さないようにしましょう。

関係記事はこちら
■ 眠れない夜の心構え ■ 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
「快適な眠りのために」記事一覧
 不安やストレスで眠れない夜のヒント
 眠れない夜の心構え
 眠るために横になるのではなく、眠くなってから横になる
 朝の光で眠りのスイッチを入れる
 体温の変化で睡眠は変わる
 お酒とのお付き合い
 寝る前のコーヒーとたばこは安眠の敵
 上手なお昼寝の方法
 冷え性の人のための眠り術
 良い眠りのための、ネットやメール、テレビとのお付き合い
 空腹で眠れないとき

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.