朝の光で眠りのスイッチを

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

朝の光で眠りのスイッチを入れる

朝の光で眠りのスイッチを入れる

朝の光がその日の眠りのスイッチです

睡眠時間にはあまりこだわらなくてもいいというお話をしましたが、朝の起きる時間は決まった時間が好ましいです。
快適な眠り

のために
たとえ、前日の夜、眠りに就いたのが夜遅かったとしても、朝はできるだけ普段通りの時間に起きる努力をしましょう。
これには、メラトニンというホルモンが深く関係しています。
朝日を浴びて、約14時間〜16時間後に、「メラトニン」というホルモンが分泌され始めます。
このメラトニンが増えるに従って、眠くなっていく…という仕組みなのです。
つまり、朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、その日の夜の眠りのスイッチが入るのです。
逆に、朝日を浴びなければ、体内時計がリセットさせず、眠りのスイッチも正常には働かないのですね。
(参考記事:体内時計って何? 睡眠と光の切っても切れない関係 )

朝起きたら

朝起きたら、まずはカーテンを全開にして太陽の光を浴びましょう。
明るい窓辺で30分ほど過ごすだけでも体内時計はリセットされます。
室内にあまり日が入らない人は、ちょっと外に出て背伸びをする時間をとってみましょう。
通勤中も、積極的に日の光を感じるようにしましょう。
これを繰り返すことで、体内時計のリズムが整い、夜の眠りのサイクルも順調になっていきます。

休日の朝も

休日の朝、ゆっくりねていたい…と普段より数時間遅くまで寝ていると、その日の夜の眠りスイッチを入れるのが遅くなります。
その結果、その日の夜は寝るのが遅くなってしまいます。
休日の朝も普段通りと言うのが好ましいですね。

注意したい人

ただし、早朝覚醒(予定の時間より2時間以上早く目が覚めて、そこから眠れない)の人の場合は、早朝の光は避けた方がいいようです。
ご注意ください。

関係記事はこちら
■ 体内時計って何?
■ 睡眠と光の切っても切れない関係 
■ 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
「快適な眠りのために」記事一覧
 不安やストレスで眠れない夜のヒント
 眠れない夜の心構え
 眠るために横になるのではなく、眠くなってから横になる
 朝の光で眠りのスイッチを入れる
 体温の変化で睡眠は変わる
 お酒とのお付き合い
 寝る前のコーヒーとたばこは安眠の敵
 上手なお昼寝の方法
 冷え性の人のための眠り術
 良い眠りのための、ネットやメール、テレビとのお付き合い
 空腹で眠れないとき

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.