コーヒーとたばこ

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

寝る前のコーヒーとたばこは安眠の敵

寝る前のコーヒーとたばこは安眠の敵

コーヒーは寝る4時間前までに

コーヒーに含まれるカフェインが覚醒作用を持つことは有名ですね。
カフェインは、飲んで30分から1時間たってから興奮作用が現れます。
快適な眠り

のために
そして、4時間から5時間は血液中に残ります
ということは、夕食時(7時)に飲んだとして11時過ぎまではカフェインの効果が持続してしまうことになりますね。
カフェインの効果には個人差がありますが、安眠のためには、夕方以降はなるべく避けた方が良いでしょう。

なお、カフェインを含む食品は、コーヒー以外にも多くあります。
紅茶、緑茶、ココア、コーラ、チョコレートなどです。気をつけましょうね。

就寝前のタバコはやめよう

たばこに含まれるニコチンも安眠を妨げる物質です。
ニコチンは、興奮作用を持っており、目を覚まさせてしまうのです。
寝る前にたばこを吸うと、交感神経の働きが活発になり、リラックスできず、寝付きにくくなります。
たばこを吸う人が寝付くまでの時間は、吸わない人に比べて約2倍もかかるという報告があるほど。
少なくとも、寝る前のたばこはやめるようにしましょう。

関係記事はこちら
■ お酒とのお付き合い ■ 眠れない夜に、サプリメントのすすめ
「快適な眠りのために」記事一覧
 不安やストレスで眠れない夜のヒント
 眠れない夜の心構え
 眠るために横になるのではなく、眠くなってから横になる
 朝の光で眠りのスイッチを入れる
 体温の変化で睡眠は変わる
 お酒とのお付き合い
 寝る前のコーヒーとたばこは安眠の敵
 上手なお昼寝の方法
 冷え性の人のための眠り術
 良い眠りのための、ネットやメール、テレビとのお付き合い
 空腹で眠れないとき

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.